ここから本文です

毎日の入浴の楽しみ方

ヒーリング入浴特集
→ 1.自宅の浴室でヒーリング   → 3.変わり種入浴法
ぽかぽかふわふわの毎日の入浴の楽しみ方
我が家で楽しむ入浴方法の王道は、なんといってもこの4つ。
少々ぬるめのお湯で、時間をかけて体も心も解きほぐしてゆく。
それで、明日はまた元気なあなたが復活です!

温泉
温泉は、地中からさまざまな効果を溶け込ませて、地上へ湧き出しているもの。ですから、その成分によって、種類も違い、効果効能や色、臭いも異なります。市販の温泉の素を使えば、その気分と、さまざまな効果を自宅で手軽に楽しめます。
特に、硫黄温泉から取った湯の花は天然の入浴剤。毛細血管を広げて、血圧を下げる作用があると言われます。ただし、追い炊き釜は傷めることもあるのでご注意を。
楽しみUP法 最近話題の「炭酸泉」
「炭酸泉」と呼ばれるものの中でも、「二酸化炭酸泉」は泉温が低く、それなのに、入浴後は体がぽかぽかと温まって冷めにくいという特徴があります。そして、心拍数もあまり上げないため、高血圧や心臓病に効くとして、「心臓の湯」とも呼ばれます。
温泉地としては、大分県の長湯温泉、岐阜県の湯屋温泉、秋田県の玉川温泉などが有名ですが、最近は、自宅でも楽しめる機器が発売されています。
アロマ湯
アロマは芳香の意味。植物の花、がく、葉、樹皮、樹脂、根などから抽出された精油(エッセンシャルオイル)を浴槽にたらすことで、その植物(部位)のもつ効果で、からだや精神にリラックス効果を与え、不調の部分を改善しようというものです。
ややぬるめのお湯をはった浴槽に、精油は5滴以下で。リラックス効果のあるイランイランや、気分転換ができるペパーミントがオススメです。ただし、そのとき一番好きな香りが、最も効果があるとも言われますので、自分のお気に入りを何種類か見つけておくといいでしょう。
楽しみUP法 冷え・肩こり・便秘・生理痛にも
マージョラムやオレンジも安眠向きですが、柑橘系は直接湯船に入れず、5ミリほどのオリーブオイルかバスベースで薄めてから使います。冷えや肩こりがつらいなら、体を温め、血行をよくするローズマリーマージョラムがオススメ。また、便秘には柑橘系生理痛にはラベンダーローマンカモミールなどが効果的です。
ゆず湯
冬至の日にゆず湯に入るというのは、寒い冬を乗り切るための健康法。というのも、ゆずなどの柑橘類の皮には、血行をよくしてくれる精油成分があります。そのため、神経痛や筋肉痛、関節痛、腰痛などのほかに、ヒビやアカギレなどに効くと言われているのです。
ゆずを洗ってからそのまま浮かべるか、半分に切ってガーゼや晒しなどで作った袋に入れて浮かべます。昔から日本に伝わるこのアロマ湯は、季節感を味わうためにも、ぜひ続けたい習慣ですね。
楽しみUP法 伝えたい松葉湯・菖蒲湯・桃の葉湯
新年の初湯に浮かべる松葉湯。ぬるま湯で松ヤニをよく洗い落として、そのままか、布袋などに入れて浮かべます。肩こり、リウマチ、冷え性、神経痛に効果があると言われます。
五月五日の端午の節句には、菖蒲湯を。邪気を払って健康な体を維持し、血行をよくすると言われます。葉を細かく刻んで、布袋に入れ、熱湯の中に10分ほどおき、その湯と袋の菖蒲を一緒に浴槽へ。
土用の丑の日には桃の葉湯を。桃の生葉を30~40枚布袋に入れ、鍋で水から煮出します。煮汁を袋と一緒に浴槽に入れると、あせも湿疹を柔らげると言われます。
檜(ひのき)風呂
からは、フィトンチッドという木の香りがとても強く発散されています。その効果で、イライラを抑え、心の鎮静剤として作用し、脈拍を正常にしたり、ストレスホルモンを減少させるなど、森林浴効果と同様の効果が得られます。これも一種のアロマ湯ですが、昔から日本人の生活になじみ、懐かしさや安心効果もプラスされて、効果を高めてくれるのでしょう。
檜の浴槽を購入しなくても、檜でできたボールや板を湯船に浮かべたり(湯温を保つ効果もあり)、檜の香りスプレーを利用しても、十分にその香りを楽しめます。
楽しみUP法 足の指を開いたり閉じたり
寒い冬や、クーラーで冷え切った体は、すぐに湯船に沈めないで、足のほう(心臓に遠いほう)から2~3杯かけ湯をします。特に、低血圧の人は入念に。
お湯につかっている間に、足の指を開いたり閉じたり、慣れてきたら、グーチョキパーをしてみるのも。そうすることで、自律神経を活性化することができます。
重曹泉
小谷温泉や豊科温泉などで知られ、切り傷火傷慢性皮膚病などに効果があると言われます。入浴後の清涼感が人気。自宅では、市販の重曹大さじ3と、同じく市販のクエン酸大さじ1.5を入浴直前にお風呂の湯に入れて楽しんで。
炭風呂
炭をお湯に浮かべると、無数の穴が水道水の塩素やアカなどを吸着し、お湯をきれいにします。また、炭のカルシウムや鉄などの成分が溶け出し、遠赤外線効果で体を温め血行がよくなります。
→ 3.変わり種入浴法
<<前ページ 1│2│3 次ページ>>
特集トップへ
バックナンバー
→ ウォーキング特集
→ 乾燥特集