ここから本文です

屋内での夏バテ対策

浮き輪 タイプ別夏バテ対策(屋内派)
 
冷えすぎが不調の原因!
わが身を守る冷房対策と食事
 冷房のよく効いた部屋で長い時間過ごしていると、身体に備わっている体温調節のメカニズムが異変をおこし、夏バテになってしまいます。そこで簡単に取り組める屋内の夏バテ予防法と効果的に身体を温める食材を紹介しましょう。 
 
 冷えすぎからくる体調不良に注意

イメージ 屋外編でも述べましたが、屋外と室内との気温差が大きいところを行き来すると、自律神経に不調をきたします。また、冷房の効いた部屋に一日中いると、体温を調節する機能が鈍くなってしまい、その結果、やはり自律神経に不調をきたし、疲労感や倦怠感といった夏バテの症状をひきおこしてしまいます。


 1日中冷房をかけっぱなしにせず、日中の気温が高い時間帯だけかけて、朝の涼しい時間帯や夕方は冷房をやめて扇風機にするなど、1日のうち冷房を使わない時間帯をつくりましょう。


 冷房対策で身を守る

イメージ 冷え性の人や女性は、特に冷房から身を守る対策が必要です。
(1) カーディガンやジャケットなど、脱ぎ着できる上着を用意しておくとよいでしょう。
(2) デスクワークなど運動量の少ない人は、冷気がいきやすい下半身を冷やさないようにしましょう。靴下やひざかけ、薄手の腹巻き、携帯用カイロなど使うと効果的です。
(3) 暑いからといってシャワーだけですますのではなく、40度以下のぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。血行がよくなり、リラックス効果や安眠効果が得られ、乱れた自律神経も正常な状態に近づきます。
(4) 特に冷えを感じない人でも、冷房の風が直接肌にあたらないよう、ハンカチやスカーフを首や肩に巻いておくと、頭痛や肩こりといった症状が軽減されます。


 身体を温め元気を作る食材

イメージ 冷房で冷えすぎた身体は、外側からだけでなく、内側からも温めましょう。身体が温かくなる代表的な食材と効能を紹介します。


●しょうが
 食欲増進し、身体を温める作用があります。身体の中の脂肪を燃焼させ、身体を中からあたためてくれます。


●さば
 さばに含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には血液をさらさらにする働きが あるため、血液の流れがよくなります。血管を拡張する作用もあるので、身体の 細部にまで血液が行き渡ります。


●みそ
 大豆のたんぱく質は、発酵する過程で吸収の良いアミノ酸に分解しているので、素早く小腸で吸収されます。消化力が衰えた人ほど効果が高く、夜中や昼間の冷えに効果があります。

 電車やオフィスなど、冷房の設定を変えるのがむずかしい場所では、自分で温度調節ができるように準備しておいて、自分の身体をいたわってあげたいものですね。


【取材協力】松本孝夫氏 東京臨海病院副院長
バックナンバー
タイプ別夏バテ対策 
「屋外派」 炎天下に要注意!
「屋内派」 冷えすぎに要注意!
「汗っかき派」 脱水症状に要注意!
 
 
  夏バテ完全攻略法トップへ